Shop オンラインショップ

Recruit 採用サイト

English

お問い合わせ

06-6719-7311

社員インタビュー

ヘッズで働く社員をご紹介します。
仕事に対するやりがいや大切にしていることなど、 インタビュー形式でご紹介しています。
熱意のある社員の声をどうぞご覧下さい。

小林 拓哉

営業
LIFE STYLE事業部で営業。お客様に提案して導入されて売り場に並ぶ時にやりがいを感じ、
”ヘッズの顔”になりたいと熱く語る若きエース。

■ 印象に残ってるお客様はありますか?
鹿児島にある株式会社無垢様に訪問した時です。
緊張しながら訪問させていただいたのですが、建物の前には“ようこそ!ヘッズ様”と
桜島の絵が書かれたウェルカムボードで出迎えて下さって、すごく感動したのを今でも覚えています。
また、お話の中で他社との違いで『オリジナルのデザインを依頼した時、
抽象的な表現でしか伝えなかったのに、思っていた通りのデザインを上げてくれた。
他社だと、余計なデザインや過剰なデザインになってしまうところを、思い通りのデザインで上がってくる』っと
褒めていただき、ヘッズのデザイン力を直接お客様から聞くことが出来て、ヘッズの強みを知りました。
■ 入社して2年目ですが、3年後の自分はどのようになっていたいですか?
3年以内で事業部報告会で前に出てスピーチしたいです!!
今期の発表の時、部長やチーフが前で話をしているのを見て、
『かっこいいー』っと思いました(笑)
入社してずっと意識している事は、”存在感を出すこと”。
怒られていても何をしていても、ココに小林が居るということをアピールしたいと思っています。
また営業と決まった時、自分に出来るのかどうか分からず不安でしたが、今は営業でお客様に直接会って、
また会うたびに関係が出来ていくのが楽しいと感じています。この先も営業を続けていきたいです。

長田 恵実

CS(お客様サポート)
メールでのお問い合わせのお返事や、新商品をオンラインショップに掲載、
メルマガ配信後の分析など、お客様対応からスタッフへの情報発信まで迅速にサポート。

■ ヘッズには経営理念やHeadsHeartがありますが、一番共感できる事はどれですか?
私は「HeadsHeart 11.日々の小さな積み重ねが重要と思う」にとても共感しています。
細々とした仕事を1日の仕事で考えると地味な事が多いですが、新入社員で入社した当時、
物流での研修、本社での受電研修、入力研修と進むにつれて、仕事の流れやモノの流れが繋がった時、
かけがえのない体験をさせてもらったと感じました。
その時の研修のお蔭で、自分の知識が深くなり、自信にもつながっています。
仕事でもプライベートでも実感しているので、友達にも伝えているぐらい大切にしてるクレドです。
■ 入社して2年目ですが、3年後の自分はどのようになっていたいですか?
このままWEBに関する仕事が出来るのであれば、WEBで自分にしか出来ない仕事を持ちたいです。
今は、本を読んだりと自分なりに勉強していますが、大学で学んだ事も生かしながらさらに知識を蓄えて、
ヘッズの社員として、WEBでしっかり活躍したいです。
3年以内でWEB関係の資格を2つ取ろうと目標を掲げています。
仕事でも活用しながら勉強をして、力をつけていきたいです!

山本 和也

企画
お客様が必要としているものを考え、リサーチし商品などを企画開発する部署。
企画したものは、ボックスや掛け紙など多種に渡る。

■ 山本さんから見てヘッズとは?
とにかく「想い」を大切にしている会社だと感じています。
取り扱っている商品はギフトをラッピングする包装資材ですが、
ただ単に資材というだけではなく、ギフトを贈る人の「想い」受け取られた方の「気持ち」。
そして、そのギフトを販売されているお店の方の「こころ」。
そういった、いろいろな「想い」をつなぐお手伝いができる魅力的な会社だと思っています。
■ 商品企画をしていて感じること
自分たちで企画したものが商品として販売される事にとても楽しく面白さを感じています。
また、その商品がお客様にご好評いただいて、メッセージやお声をいただいたり、店頭で並んでいるのを
目にすると何とも言えない嬉しさがあります。
今後も、よりお客様に喜んでいただくために、枠にとらわれず常に新しい事にチャレンジし
良い意味でプレッシャーを感じ、企画していきたいと考えております。

田主 沙也加

商品部
商品の発注、納品、品質・在庫管理など、商品にまつわることを
幅広く管理する部署。

■ 仕事上で大切にしていることはなんですか?
商品について尋ねられた時に、相手が求めている情報をすぐにお答えすることを大切にしています。
例えば以前、お客様から「この商品をどのように組み合わせたらいいですか?」とお困りごとで
お電話を頂いた時、こちらから色々とご提案をしたことがありました。その後、サンプルなどを
お送りさせて頂いたら、後日「先日は相談に乗って頂きありがとうございました」とFAXを頂戴しました。
自分ができることでお客様が喜んでくださったので、とても嬉しかったです。
商品部は、お客様はもちろん仕入れ先さんや他部署のスタッフともやりとりが多く、
商品についての情報が集まる部署だと思います。なので、情報をスムーズに流すことを大切にしています。
■ 田主さんから見てヘッズとは?
ギフトショーで印象的だった出来事があります。それは、お客様へ名刺をお渡しして、
私が商品部だと言うことが伝わったからかもしれないんですけど、
「この商品のここをもっと改善してほしい」と言うお声を頂いたことがありました。
ギフトショーから戻ってすぐに商品部ミーティングでその事を伝えたらその商品がすぐに改善されたんです。
もちろん他の部署の方からもそう言ったお客様からのお声があがっていたのかもしれないのですが、
すぐに実行に移せる行動力もすごいですし、
お客様を大切にしている会社なんだなぁと思いました。